トップ «前月 最新 翌月» 追記

奇跡の今日一日

メールはこちらへ

FaceBook

2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|

2012-06-01(Fri)

_ 城ケ島巡検

三日間泊りがけで三浦半島城ケ島へ野外巡検に行く。理学部地球惑星環境学科の必修授業の一環である。


2012-06-09(Sat)

_ 常総市へ

家内の実家へ、父の日・母の日詣。レンタカーでドライブ。


2012-06-11(Mon)

_ 線形代数快調

コンピュータプログラミングの基礎演習の授業で、学部生としてはトップで課題終了。奇跡的。いつもびりっケツなのに。昨年の線形代数の猛勉強が役立ったか。


2012-06-12(Tue)

_ 項目のみ

書き込みの時間がなく、いつもチェックしていただいているみなさんに不義理な感じがして申し訳ない。そこでざっと項目のみ羅列した。こんな感じです。


2012-06-15(Fri)

_ 結婚記念日

板橋区に婚姻届を出してからちょうど一周年。きょうはいつも通り大学に行き、午前中は大気海洋循環学と人間環境システム学の授業、午後もいつも通り岩石鉱物光学実習であった。難解な顕微鏡実習に音を上げたり食いついたりしながら、どうにかこうにか課題を終了。

そして自宅近くのカーシェアリングで車を借りに行っていったん大学に戻り、ジュニアTA(キャンパスツアー)の研修。すべて終わったのが20:15。借りていた車で、ミーティングの終わった妻を迎えに環七の羽沢へ。

二人で夜のドライブ。記念日を祝い夕食。そしてスイーツ。一晩泊って、翌朝自宅に帰ってきたのであった。

_ フェイスブック

最近やたらに「友達に」の誘いが続いていたので軽い気持ちで登録してみたら、出てくるわ、出てくるわ、この二十年余りの間に知り合った人たち。また新しい展開がいろいろと始まりそうな予感。


2012-06-20(Wed)

_ 課題山積み

実習の課題が次々にたまって山積みになっている。月曜の基礎演習、火曜の生命進化学、水曜の地形地質学、そして城ヶ島の結果のプレゼン。七月第一週に締め切りが設定されているが、果たしてこなせるのだろうか。東大の授業の厳しさを、ちょっとばかしナメていたのかもしれない。気合で乗り切る。


2012-06-23(Sat)

_ 物理化学や生命進化学など

金曜日、土曜日と課題消化に専念している。どうにもならないと感じていたような難度の高いものも、調べたりトライしているうちに何とかなるものだ。そもそもギブスの自由エネルギーの表を用いて、相転移の状態図を書く…なんて、今までやったこともないし、説明を聞いてもわからなかったし、木・金と資料とにらめっこするしかなかったのに、今朝から二時間くらい取り組んでいたら図が書けてしまった。相変わらずぼくの中では、意味はあんまり分かっていないんだけど、指導してくれる先生があまりにも頭のよい人で、この人についていけたらたぶん安心だろうという気持ちが自分を支えているようだ。すごいんだ、この先生。いままで出会った人たちの中で、五本の指に入るすごい人、である。

信じた瞬間に救われるステップ2,3とか、浄土真宗とか、「信じる」=「救済」は等価であることを感じる。そんな感じの修業の日々を重ねているのだ。

造岩鉱物光学や大気海洋循環学、そしてデータ処理の多すぎる城ケ島の課題があとに控えているのが少しばかりしんどい気がするが、理学部に入ることができて、この厳しさに揉まれて自分の力が向上するのが身に余る幸せである。卒業論文の段階になったら、さらに先鋭化していくことだろう。


2012-06-24(Sun)

_ 東京大学キャンパスツアー研修

これは東大の本郷キャンパスを東大生が外部からのお客様に案内するという企画である。応募して面接を通過し、三回の研修を終えた。今日が三回目であった。

約二時間、複数人のガイドで20名近いお客様を案内する。10代から60代まで、一般の人たちである。赤門、総合図書館、東大病院、安田講堂、三四郎池などを回る。

なかなか内容を覚えられない。しかし先輩ガイドに聞くと、みなさん口をそろえて「経験値」と言う。積み重ねていくしかないのだろう。現に三回やってみて、安田講堂や赤門は案内できるようになってきた。

ツアーのスタート時にガイドがそれぞれ自己紹介をするのだが「理学部地球惑星環境学科3年の森田です。46歳ですが本物の東大生です。東京大学へは2度目の入学です」と言うと、お客様のみなさんは衝撃を受けられるようで、穴のあくほど見つめられる。ちょっと気持ちいいかもしれない。

課題と試験と巡検が終わる八月まではシフトを入れられないかもしれないが、夏休みには積極的にやってみたい。


2012-06-27(Wed)

_ 課題締切が続々と迫る

地質図、褶曲分析、小断層解析、地震エネルギー計算、断面図、柱状図などあらゆるものをデータから作成し、いよいよ論文を作らなくてはならない。見通しは少し立ってきた。まずはプレゼンテーションの締め切りが迫っている。初めてノートパソコンを大学にも持ち込んだ。非常事態だ。ちょっと大げさか。「完璧」からは程遠いというところがポイント。旅行も巡検もレポートも不完全主義である。不完全ながら締め切りは守り、きちんと努力していこう。その積み重ねが自動的に完全なものに近づいていくのである。


2012-06-30(Sat)

_ またもTOEFL ITP

入学後もTOEFL ITPである。来年はおそらく理学系などの修士課程受験があるに違いない。英語を鈍らせるわけにはいかない。模擬試験といえども手は抜けない。


2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|
トップ «前月 最新 翌月» 追記

メールはこちらへ

FaceBook