トップ «前月 最新 翌月» 追記

奇跡の今日一日

メールはこちらへ

FaceBook

2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|

2008-10-04(Sat)

_ 無料駐輪場

東京には無料駐輪場が少ない。駅前にとめていると撤去されるのに、安心してとめられる設備がないというのはおかしなことだ。地方ではたいていある。それぐらいの税負担はわれわれはしているはずである。住民税を毎月二万円近く払っていて、駐輪場一つ作ってもらえないというのは由々しきことだ。

しかしながら公表されていないだけで、実は都内にも無料駐輪場がある。ネットで調べても当然ながら出てこない。出すと大混雑になるからだ。あるいは歩道を「便宜上」区が駐輪場に指定して整理員を配置しているだけの、道交法上は限りなくクロに近い、なんちゃって駐輪場が多いからだ。(後記。きちんと管理が行き届いているところもあるので、念のため。)

大塚の無料駐輪場はネットにも出ていて有名なようだが、現状を見てみるとひどい有様だ。何ヶ月も放置していると思われる巨大なビックスクーターや、パンクしたままの朽ちかけた自転車が溢れている上、利用者が多く、昼間はまず入れられない。これだとただの鉄くず置き場に化してしまう。

板橋区にもいくつかある。最近は公表されているところもあるが、ときわ台や上板橋の無料駐輪場は未公表だ。ときわ台の図書館前の駐輪場も慢性的に満杯状態で、朝駐輪して夕方取りに戻ると、自転車を置いていた位置が勝手に変わっている! いままで一度も元の位置にあったことがない。最初は「盗まれたか?」と慌てたものだ。

その一方で有料駐輪場が続々と作られていたり、ロータリーなどの違法箇所にみんな堂々ととめていたりする。

われわれの払った住民税を積み立てて土地を買い、区民の駐輪場を作ってくれ。たのんます。


2008-10-05(Sun)

_ 東上線定期券期限終了

今日で東武東上線のPASMO定期券の期限が終了する。一ヶ月間上板橋と池袋の間をフリーパスで使えた。三日くらいは、バスや地下鉄だけで移動し、使わない日もあった。でもまずまずモトは取れたと思う。

感想。ときわ台駅にエスカレーターがないのは致命傷である。南口だけはエレベーターがあるのだが、後楽園や西新宿五丁目などの深度の深い駅でないと、ベビーカーや身障者の利用を優先して、われわれが使うには気が引ける。

あと、朝ラッシュが各停でもけっこう混んでいる。階段下で飛び乗ってしまうと、山手線並みの混み具合だ。一日の仕事に費やすべきエネルギーの三割近くを、もうここで消耗してしまう気がする。

池袋に出られるのは利用価値が高いが、他の途中駅にはあまりポイントがない。大山の巨大デフレ商店街が使えるのがメリットだろうか。そのくらいだったかなという気がする。

これからまた副都心線による通勤に戻ってみるが、10月に入ったので東武の半年定期を買っていた人たちが、副都心線定期に買い換えて少しずつ混雑が始まっているかもしれない。それでも東武よりはまだマシだろうか。明日からまた通勤である。


2008-10-07(Tue)

_ ベッドの暮らし

これまでの長い間、ずっと床に布団の生活をしてきた。ベッドを使った生活はほとんどなかったと思う。せいぜい施設やホテルに宿泊するときや入院のときくらいだったろう。今回新居に入ったこともあり、この布団の上げ下ろし生活からベッドに変更してみた。

本格的な大きいベッドはそもそも玄関の間口から入らないような気がするので、折りたたみタイプのスノコベッドを通販で購入した。自分で組み立てるタイプである。オプションで組み立てや設置サービスもあるようだったが、そんなものに数千円もかける気がしない。自分で組み立てたら一時間くらいで済んだ。

布団をのせて一晩寝てみたら、なんだか体の節々が痛い。慣れぬ緊張だろうか。スプリングが作用しているわけでもないし、じかの床が木のスノコに変わっただけなのだが…。

あとはマットレスを追加するかどうか。それから寝る前の読書灯を買うか。読書灯はちょっとした憧れだったのだが、多分そんなに実用価値はないと思う。ちゃんとした読書は椅子に座っていないとできない気がするからである。せいぜい寝る前に読むものといえばアトラス(地図)くらいだろうか。

慣れるまでまだ数日かかるだろう。


2008-10-08(Wed)

_ 安い米

世間では事故米だのなんだのと米の品質が騒がれているようだが、ぼくはいつもかなり安い米を買っている。

ふだんはドンキホーテで売っている1300円前後の混合米だが、ときどき阿佐ヶ谷高野青果の米を買いに出かける。5kgで1180円だ。今のところこれより安い米は見たことがない。西早稲田交差点の銀行横の「特選米」も1250円だったと思う。ドンキは割りと世間相場に敏感で、米やお菓子の値段は上下するから、あまりあてにならない。あと、おかしのまちおかでたまに安い米に遭遇する。

ほかにもたぶん安いスポットがあるかもしれない。でも電車の中を5kgの米をしょって帰るのはけっこう難儀である。疲れたから…とふだんあまり入らない喫茶店に入って休んだり、それでコストが上がったんじゃあまり意味もないしね。


2008-10-09(Thu)

_ 電気代

電気の検針があり、今月振替の金額を見てびっくりである。1,018円。自分の電気代の記憶の限り、最安記録ではないだろうか。15Aの基本料金が409円。一段料金661円(37kWh)。口座振替割引で-52円である。今月はちょっとだけエアコンを回したときもあったが、来月はひょっとしたら1,000円を切るかもしれない。冷蔵庫もなくなったし、パソコンを使ってる時間も短くなってるし。

ますます燃費がよくなる板橋生活。


2008-10-17(Fri)

_ 眼医者、そして嵐山

目にゴミが入って取れなくなる。こんなに小さい1mm角の固形で機能しなくなるなんて、人間の体って弱いものだなあと感じた。眼科に行って医師が除去。ほんの一瞬の処置だった。昨晩からシャワーやなにやらで散々悪戦苦闘したのだが、まったく効果がないどころか、眼球にキズつけていただけだったようである。ゴミが取れてすっきりし、少々遅れて嵐山に出発。

秋の宿泊研修会である。金・土と参加。ミーティング三昧であった。久しぶりに、関西に行った元同じグループの仲間にも会う。各種ミーティングの分かち合いはなかなかよかった。

眼科の件は、ケガの保険が一日分おりることになった。手続きも簡単で審査もうるさくない保険会社は信頼できる。ひどい保険会社も多いからね。


2008-10-21(Tue)

_ 山田屋

池袋四丁目のドンキの下にかつてあった「半田や」という定食屋が、いつの間にか「山田屋」という名前で新装開店している。空いてていい感じ。川越街道沿いでバイク駐輪場もあるし便利だ。しかし駅から遠いので乗り物ないと不便かも。うどんと菜の花のおひたし食べて帰る。


2008-10-24(Fri)

_ 国労全国集会

集会の動員結果は公表で11200人。大規模な集会だった。組合内での一部の小競り合いも目撃。ゲバルトはこわいね。

毎度この手の集会は終了時刻が遅いのだ。今回も午後8:40までかかる。デモコースも長く、集会の行なわれた日比谷野外音楽堂から銀座を経て、八重洲あたりまで歩いて解散である。とても疲れた。でも組合運動はぼくの骨肉である。1047名の国労組合員解雇撤回!


2008-10-25(Sat)

_ マットレス

ベッドにマットレス導入。長いことせんべい布団一枚の上に寝てきたので、ぜんぜん寝心地が違う。寝ている間、慣れないフカフカさに体が抵抗しているのか、導入後数日は慢性的筋肉痛であった。


2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|
トップ «前月 最新 翌月» 追記

メールはこちらへ

FaceBook