トップ «前月 最新 翌月» 追記

奇跡の今日一日

メールはこちらへ

FaceBook

2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|

2010-10-01(Fri)

_ 下半期スタート

中学・高校では衣替えの季節。自分の出身高校は、衣替えが夏と冬の二期だけではなく、春や秋の「合い服」があった。長袖の上着の色が冬は黒、春秋は灰色と変わるのだった。

ぼちぼち段ボール箱から冬物を出して衣装ケースの中身を入れ替える。連日の気温低下である。真夏日が九月まで続いていたのでこの落差は大きい。

服装だけでなく、学校や放送のクールも入れ替わる。放送大学の後期放送が始まる。今期は環境法とバイオの授業を選択した。農業を目指すか。NHK教育の語学講座も全部最初から放送される。この機に始める人は多いらしい。ラジオ講座のドイツ語が一気にレベルが下がるが、復習と思って基礎固めをしよう。

でもまだ朝顔が次々に咲いている。猛暑時には力無い感じがしたが最近は元気な花。秋くらいが動植物ともに元気に過ごせるのかもしれない。


2010-10-09(Sat)

_ 高山本線

「鉄道の日きっぷ」を利用して飛騨高山と下呂温泉に一泊。青春18きっぷの秋休み版(ただし三日間)である。ゆきは甲府から身延線を完乗して富士へ突破。富士からは東海道本線で、興津、浜松、豊橋と乗り継ぎ、新快速で岐阜まで来て、夜の高山本線を登って行く。美濃太田よりワイドビューひだ(特急列車)に乗り継いだ。夕食時間に間に合わなくなるからだった。下呂駅からホテルまでは坂道なのでタクシー利用。

帰りの日は下呂から高山。あいにくの雨の高山の町であったが、川沿いまで出て散策。まさに小京都である。大分県の日田によく似ている雰囲気だった。

高山から高山本線を乗り継ぎ富山まで出る。富山から糸魚川までと、青海川から新潟の間は乗ったことがあるが、糸魚川から直江津のあいだは初めての乗車だった。親不知などあのあたりはやはり日本海の景観がすばらしい。いつか青森から山口まで、日本海側だけをずっと列車に乗って走ってみたいものである。

直江津から長野までは普通列車の「妙高」に乗る。特急車両を普通電車に使っている貴重な路線だ。不安になるので特急券なしで本当に乗れるのかどうか直江津の駅員に確かめたが、やはり大丈夫なようだ。妙高高原に入っていくと、ほんとうに山と川と線路しかない。こういう山々の風景がまだ日本の中にもたくさんあるのが驚きである。もちろん高山本線の奥のほうもそうだった。

長野から松本、塩尻を経て、中央線を使って都内に戻る。長い長い各駅停車の旅であった。


2010-10-11(Mon)

_ 東大ー立教戦

秋の六大学野球も後半に差し掛かる。土日が雨で順延されたおかげで月曜日の祝日に観戦できる幸運だった。午前の法政ー明治戦も見るため、応援席ではなく一般の内野席に座る。横の応援席の激しい応援が客観的に見られて良かったかもしれない。応援席の中にいるととにかくなんだかわからない中で大声を張り上げて騒いでいるだけなのだが、横から見ているとすごく一体性が感じられる。

当然のことながら東大は負けるが、結構チャンスもあった。満塁になるとすごい盛り上がりである。しかしここ一番で、一打が出ない。

この秋は、慶応戦、明治戦、早稲田戦、立教戦と一試合ずつ見ることができた。あとは23,24日の法政戦のみだが、あいにく二日とも用事が入っている。どちらか雨で流れればまた月曜に見られるのだが…。あるいは土日に一勝一敗なら月曜に勝ち点決定戦が行なわれるので、法政に一勝すれば、とか。まあ滅多にないが。でも今年は10/2に東大は早稲田に勝っているのである。

こんなに神宮に行った年は初めてである。秋が終わるとまたさびしくなるが。


2010-10-15(Fri)

_ 5800円航空券

スカイマークのバーゲンチケットで北九州入り。標題は真実である。なんと5800円。今まで9800円とか8800円のチケットは取ったことがあったが、5800円はすごいね。飯田や豊橋あたりまで高速バスを使ってもこれくらいはかかる。

最近の流行の深夜到着便である。羽田を21:00台に出て、北九州空港に23:00台に着く予定だった。しかし、羽田での出発準備が遅れ、離陸順番待ちをしていた。よくある話である。結局20分遅れくらいで北九州に着いた。到着は24:00近かった。接続して市内へ行けるはずの西鉄バスがもう出発済みである。血も涙もない。ふつう最終発着を確認してから出るべきではないか。車内ガラガラのまま定刻を守って出発したとしたら、抗議したいところである。

ともかくバスは出てしまった。空港は関西と同じく海上にあり、内地まで軽く三キロはある。内地と言っても苅田や朽網に出ても何もない。自分と同じように行き場を失った乗客が多数。数人で話し合い、タクシー相乗りで市内まで行くこととなった。市内までメーターを見ていたら7000円オーバー。一人だったらしんどかったと思う。羽田→北九州の航空運賃が5800円でタクシーが7000円だもんね。四人で相乗りしたおかげでひとり2000円見当で済む。

深夜一時過ぎに小倉の街にようやく到着。始発電車が出るまでカラオケボックスで過ごす。深夜料金でこちらも約2000円。カプセルホテルよりは安いか。

結局全部で10000円近くかかる。まああまりうまい話はないということだろう。

_ 九州一周

ということで早朝の小倉に着いた。「鉄道の日記念切符」の残りが一日分あるので悲願の九州一周を果たすことになる。子どもの頃から九州にいたのに、特に南側は未到達の路線が多く、乗らないまま国鉄民営化のときに廃止されてしまった路線も少なくない。北部の筑豊炭鉱の辺りの路線(室木線、香月線、添田線など数々の名路線があった)はほとんど乗っていたのでまだ良かったか。

4:00台の始発電車で小倉から鹿児島本線を南下。博多、熊本で乗り継ぎ、JRの新八代まで到達。在来線はここから第三セクターになってしまうが、九州新幹線に乗り換え。ここは別途料金を支払う。来年には博多→新八代間も新幹線が開通するようなので、ここも三セクになってしまうかもしれない。

新幹線「つばめ」は、座席が木質だったり、床のデザインがホテルっぽかったり、従来の新幹線とは違う感覚だった。博多からの「リレーつばめ」からたくさんの乗客がある。博多→新八代間はほぼ工事は終わっているようだった。

川内(せんだい)からは再度JRの在来線に戻る。鹿児島本線をすべて乗り切った。終点は鹿児島中央。昔の西鹿児島駅である。日豊本線を今度は小倉を目指して北上する。まずは都城行き。そして宮崎へ。山間を走る列車である。高山本線や大糸線を彷彿とさせる。しかし宮崎→延岡間は町の中という感じであった。

延岡→佐伯間。ここは有名な秘境である「宗太郎越え」ができるということで期待していた。一日に三往復しか各駅停車がとまらない駅である。17:00過ぎということで日没にかからないか不安だったが、西日本は東京より30分近く日の出、日の入りが遅いので楽勝だった。市棚、宗太郎、重岡ともに、来て良かったと思える静かな駅だった。できたら下車して散策でもしたいところだったが、そうすると帰って来れなくなるので車窓から見るにとどめる。

佐伯から大分・別府に出て、別府で下車して大分名物のとり天定食を食べる。温泉も魅力だが、それはまた来年。別府から小倉行きに乗り、日豊本線も完乗。最終の原田行きに西小倉駅で接続。酔っ払いのたくさん乗っている最終鹿児島本線で二日市駅に到着。深夜スカイマークから長時間を経て、ようやく布団で寝られる幸せである。


2010-10-17(Sun)

_ 福岡でセミナー

会合にスピーカー、パネラーとして呼ばれる。二日間にわたり役目は果たしたと思う。先行く仲間のいる安心感。

そして問題は、つねに全国共通であることを思う。伝統を守るには、ときには痛みも必要だという感じがする。


2010-10-18(Mon)

_ 実家

1年ぶりの実家。福岡天神から行橋行きの高速バスで到着。バスを降り立ち、北側に足立山が見える。今年は日本各地いろんなところを旅したが、どこもそれぞれの山々がある。自分のふるさとの山はこの足立山だ。物心ついてから19歳の春まで毎日この山を見て過ごしてきた。形はもちろん少しも変わらないし、よく覚えている。10号バイパスの通る前は、実家の辺りは見渡す限りの田んぼであった。しかし今は激しく自動車が行き交っている。

まる一日を年取った両親と過ごす。病気や死んだ後の話ばかりである。思考は現実化すると言うが、死の話ばかりしていても、長生きするかもしれない。健康維持は何よりも優先であることを思い知る。

帰りもまた北九州空港を利用。今度は電車のある時間に帰れるスターフライヤー便である。最近ほとんどJALやANAに乗っていない。価格競争のおかげである。こちらは10000円越える普通の航空券。タリーズコーヒーのサービスがおいしい。


2010-10-27(Wed)

_ 勉強の毎日

前回不合格だったドイツ語検定3級の試験に、来月下旬に再チャレンジ予定。四週間で完成のカリキュラムを謳うテキストを購入し、集中して勉強する毎日である。前置詞、接続詞など弱点がたくさんあることがわかる。しかし、四つの格や男性女性中性名詞などはほぼマスターできている。文全体の流れや枠構造に弱いのだ。そして聞き取りも。単語カード買って表裏に日本語とドイツ語を書き、持ち歩いて電車の中とかで見る。あー、高校生みたい。勉強も家ではなかなかメリハリがつかないので、時間さえあれば図書館に行くようにしている。しかし公立図書館の混雑ぶりと使い勝手の悪さ、マナーの悪い利用者に辟易する。少し遠いが母校の大学に遠征。卒業生はフリーパスなのだ。空いてて広くて、浮浪者はいない(当然か)。国の財産を有効活用しよう。学生のときはほとんど使わなかった。もったいない。ああ赤門。

ドイツ語を勉強すればするほど、なんて難しいのだろう、英語のほうがよほど簡単だよ……と思ってしまう。これがいい感じなのだ。そして同時に英会話を週一回。英語もまた楽しくなるし一石二鳥。TOEICの雪辱もまた果たしたい。


2010-10-31(Sun)

_ 合宿研修会(八王子)

秋の地域イベントに参加。大学セミナーハウス。あいにくの雨だったが、建物や施設が新しくきれいでびっくりだった。ほとんどミーティング三昧。ファミリー参加も目立っていた。

近場の開催は近年では珍しい。嵐山(埼玉)やよみうりランド(神奈川)の例はあったが、京王線でしかも東京都内は初めてかもしれない。

_ バス特

今月は雨天の日も多くバイクに乗る機会が少なかった。たまに乗ろうとするとバッテリー上がり。業者に売ってしまおうかという気になっているこの頃。

路線バスに乗る機会が多かった。東京圏では、一ヶ月内に乗車したバス代の累計が1000円上がる毎に、ICカード内にチケットがつく。この10月は4000円以上乗り、チケットが四回もついた。ちょっとお得な気分。


2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|
トップ «前月 最新 翌月» 追記

メールはこちらへ

FaceBook