トップ «前の日記(2007-02-21(Wed)) 最新 次の日記(2007-02-25(Sun))» 編集

奇跡の今日一日

メールはこちらへ

FaceBook

2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|

2007-02-23(Fri)

_ 与えられたもの

いま自分に与えられている課題や仕事は、自分の技量で行なえるぎりぎりのものなのかもしれないと思うことがよくある。いままで使わなかった脳みその部分を使っている感じがする。人生の中では、言うことを聞くだけが誠実なこととは限らない。とぼけたり、知らん顔したりすることが最善手であることもある。追い詰められてやむなくするのではなく、なんだかそれが「必要」となると、頭も分裂しそうである。

今まで必死にいろいろとやってきたが、幼稚な範囲内での「一生懸命」だったのかなぁ、なんて。大人になるのはほんとに大変だ。


2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|
トップ «前の日記(2007-02-21(Wed)) 最新 次の日記(2007-02-25(Sun))» 編集

メールはこちらへ

FaceBook