トップ «前の日記(2006-09-09(Sat)) 最新 次の日記(2006-09-17(Sun))» 編集

奇跡の今日一日

メールはこちらへ

FaceBook

2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|

2006-09-14(Thu)

_ 走りまわる

この十日間ほど、なんか死ぬほど忙しかったよ。ここに何か書こうということすら忘れていた。いちおうなんとかそれなりの決断とケリは着いたのだが、またこれから数日はいろいろと巻き起こりそうな予感。

でも今は自分は一人ではないという感覚がある。敵もいれば味方もいる。誠実に進めていれば、味方のほうが多いはず。そう信じてやっていきたい。

_ 渋谷

きょうはスポンシーとともに渋谷のグループへ行った。なんとここでもNZ方式導入である。誰も前に出ないので、司会者がいきなりぼくを指名してきた。うーん、とかいいながら、結局15分くらいベラベラとしゃべりまくってしまった。ストレスフルなことの過ぎ去ったあとというのは饒舌になるね。


2002|05|06|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|02|04|05|06|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2016|01|02|03|04|05|07|10|12|
トップ «前の日記(2006-09-09(Sat)) 最新 次の日記(2006-09-17(Sun))» 編集

メールはこちらへ

FaceBook